運命のハンドル

ここでは、運命のハンドル に関する情報を紹介しています。
私どものビル管理部門を任せているスタッフ。
先日怒っていました。
「○階は必ず便器に吸い殻が落ちている!!」
「自分は掃除をしに来ているんじゃない!!このビルを良い環境にするために来ているんだ。
気持ちの良い環境にして、ここのオフィスの人たちに気持ちよく仕事して欲しいから、掃除しているんだ!!
だから使う人たちにも気持ちよく使うということを教えてあげるもの自分たちの役割なんだ!」と・・・・
(もちろんわきまえた対応はしていますからご安心を)

このスタッフはへりくつで言っているのではなく、心底使命感みたいなものを持っています。
ですから、仕事にも気合いが入っています。
誇りを持って仕事をしています。
言うだけのことはあって、その仕事ぶりは徹底しています。

そうなのですよね。
いくら掃除するものがきれいにしても使っている方々がその意識がないと、掃除したすぐ後でも振り返ればゴミ・・・・
昨日は私もそこに行っていましたが、「きれいにして頂いて・・・・」なんてお礼を言われるとうれしいものですね。

6日スタッフ大募集!!と掲載しましたが、こういう意識を持って仕事をしてくださる方が来てくださると良いな、と思っています。
誇りを持ってできる仕事。
人様に喜んで頂ける仕事です。
こういう仕事に関われたことは感謝だと思っています。

この仕事に関われたこと、それは私の運命なのでしょうか。
昨日、私の心の琴線に触れた言葉があったので、ご紹介しますね。
--------------------------------------
夕飯の片づけも済み、ほっと一息・・・・
その時TVで放送していたのは、
下北サンデーズ」というドラマの最終回でした。

宿命と運命は違う。

宿命とはこの両親から生まれたこと。
この体で生まれたこと。
自分では変えられないのが宿命。

運命は自分で変えられる。
一握りの勇気と希望があれば。

宿命が車ならば、運命はハンドル。
どちらにハンドルを切るかは、自分で決められる。


将来に夢や希望を持てなかった女の子が、いろいろな人々と出会い明るく希望に満ちた女の子になっていく話です。
(HPの紹介によると)

大きな曲がり角で切るハンドル。
道路に落ちているものを避けるために切るハンドル。
道から飛び出してきそうな自転車を避けるために切るハンドル。
まっすぐな道だけれど、何かの拍子に小さく切るハンドル。

いろいろな時いろいろなハンドルさばきがありますね。
私の希望に向かって切ったはずの分かれ道のハンドル。
でも、まだまだこの道の先は続いてて見えません。
この先は山道がくねくねとあるかも知れません。

私のことだから、高速道路ではないと思います。
きっと、周りの景色と楽しみながら行くことでしょう。
時にはエンストしそうになるかも知れないけれど。
険しい山道にパワーダウンしたら、人に押して助けてもうかも知れないけれど。

今日も小さなハンドルさばきをしながら、目的地に向かって走っていきましょう。
思わぬ出会いを楽しみながらRUN
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://siawaseno.blog52.fc2.com/tb.php/87-da05882b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック