故郷のようなお客様

ここでは、故郷のようなお客様 に関する情報を紹介しています。
昨日は私のチームは定期清掃のお客様でした。
埃取りがいつものお仕事なのですが、その時の状況に合わせていろいろとさせて頂いています。
母よりは少し年がお若い方なのですが、私が実家に帰ったときにこれもしてあげたい、あれもしてあげたいと思うことをさせて頂いています。

先月伺ったときに、アメリカからのホームステイを受け入れるのだと話されていらっしゃいました。
今、体調が良くないのでホームステイの方が帰られた後、お布団をしまうことができずに納戸に入れたままになっていたので、それらの片づけもしてきました。

羽毛布団をスタッフと二人で、一人が押さえ込み一人がケースのファスナーを閉め・・・・格闘してきました。

体調がお悪いとのことで、少し前に浄水器を付けられたのですが、なんでも詐欺業者がやってきたとか。

○○をおつけですよね。
メンテナンスの会社ですが伺わせて頂きます。
と電話のアポがあり訪問。
つかつかと家の中に入ってきて、様子を調べ、いやぁこれを付けないといけない、あれを入れないといけない、等と40万くらいの金額をいったそうです。

この奥様、頭のいい方なので、話の途中からおかしいと思い断られたそうなのですが、メンテの会社と思いこんだままだったら、まんまとのせられてしまう所でした。

ちょうど私たちが伺っているときに、その浄水器の販売をされた方がいらして、いろいろと話を聞かれていました。
すぐに、社内の情報として取り上げるとのことでした。

もちろん、ちゃんとしたメンテの会社もあるのでしょうけれど、詐欺商法には注意しないといけないですね。
それにしても、こうして人をだまして儲けようというなんて、なんか世知辛い気がしました。

お宅もすっきりして、一月分の溜まったお話もおうかがいして、笑顔で送り出して頂けました。
来月か再来月は、敷物やインテリアを夏バージョンから秋冬バージョンに変えないといけませんね。
無垢のダイニングテーブルを動かす力持ちを連れて行きましょう♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://siawaseno.blog52.fc2.com/tb.php/74-4ed267dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック