「さとうきび畑の唄」と「マッチョなお掃除」

ここでは、「さとうきび畑の唄」と「マッチョなお掃除」 に関する情報を紹介しています。
昨日「さとうきび畑の唄」の再放送をしていましたね。
昨年見逃したので、ビデオにとって夜洗濯物をたたみながら見ました。
ドラマの中で好きな言葉がありました。

「人が笑うと優しくなれる。幸せな気持ちになれる。」
さんまが演じる写真屋が撮った写真は、戦争中にもかかわらずどの人も笑顔なのです。
子供たちが遺品となったその写真を見て
「お父さんだから撮れた写真だね。」というくだりがあります。

------------------------------------------
それと少し関連がありますが、ハウスハズバンド(主夫)というHPのトップに小林カツ代さんの言葉を引用してあります。

料理が上手だけど陰気なお母さんと、料理は下手だけど陽気なお母さんがいたとして、どっちの料理が『おふくろの味』の意味があると思う?

そこから派生して、彼は
「マッチョな家事はいらない!」
----------------------------------------------
一番陥りやすい家事への誤解は、家事自体が目的化されてしまうことだ。人は家事をするためだけに生まれてきているのではないのだ。

家事は、楽しい生活のための「手段」としてするものであって、いくらガンバって家事をしても、生活自体が楽しくなければ、意味がない。どんなに上手に料理をしても、どんなにキレイに掃除をしても、そこに楽しい生活がなければ虚しいだけだ。

逆に、ちょっとくらい料理が下手でも、ちょっとくらい部屋が汚れていても、そこに楽しい生活があるなら、そっちの方がずっと意味があると思う。


皆さんいかがでしょう?
私は彼の意見に大賛成です。

以前もお伝えしましたが、人それぞれの掃除があっていいと思います。
お掃除好きな方、嫌いな方、人さまざまです。
忙しくお掃除ができない方やお掃除が嫌いな方(人には得手不得手があります)、信頼の置けるプロにお願いするののも一つの方法でしょう。

supure-kagoそして、何よりも大切なことは日常のちょこっと掃除。
しなければならないという義務感ではなく、ついでにちょこっと・・・・
日常の少しずつの積み重ねです。

昨年末のキャンペーンで差し上げましたが(スプレーボトルは別のものです)、こんなおしゃれなボトルに洗剤を入れ、かごなどにハンドタオルを入れておけば洗顔の時についでにさっと一拭きRUN
(100円ショップにもいろいろとありますね)
苦にならないで楽しくできますよRUN
商売抜きで言わせてもらうなら、この洗剤が「とれる」なら、なおさら

「とれる」で歯を磨く人もいるほど安全。
先日仕事から帰ってあまりの暑さに真っ先にシャワーを・・・
ふと気が付いた滑り止め床の溝の汚れ。
さっそく「とれる」でさっとお掃除。
素っ裸でも(失礼)安心して使えます。
キッチンで「汚れ発見!!」の時も、周りを片づけなくてもOK。スプレーが散っても安心だから。
思いついたとき、気が付いた時にできる気軽さ。

トイレ掃除も同じ。
・ゴム手袋を(ホームセンターで売っている1箱100枚入り数百円のもの)をやはりおしゃれな容器に入れておく。
・「とれる」
・トイレクリーナー用紙(便器に流せます)かおしゃれな容器に入れたウエス(古下着を切ったもの等)
・かわいいゴミBOX

これだけあれば、要介護2の母が失敗した時、私の帰宅後それが乾いていても、
RUNシュッシュッ、サッサッ、ポイッRUN

それに、この「とれる」
不思議なことに「つや」が出るんです。
あか抜けるっていうのかなぁ・・・
結構はまってしまいますよう~

「とれる」の七不思議のひとつ??
「とれる」を使うとお掃除が楽しくなって好きになってしまうことRUN

でも、要注意なのはお掃除が楽しくなりすぎて、やりすぎないこと!
実際にお客様であった話ですが、さっと汚れが落ちてきれいになる楽しさで、ここを済ませて次ぎあちら。
気が付けば家中を磨いてしまっていた・・・
お掃除をしている間は楽しいのですが、気が付けばオーバーワーク・・・
後でダウン!!なんて事になりかねません。
どんなに楽しくても、ご自分の体力と時間に合わせてやってくださいね。

ホント、「とれる」は商売抜きでおすすめですよ~
お試しセットもあるので、だまされたと思って使ってみてください。
当社に掃除を御依頼くださった方は、事前に「少し欲しい」旨お伝えくださると、お裾分け致します。
(ペットボトルか何かの容器をご用意ください。決して2Lの大きなボトルをご用意なさいませんように・・・)

またやっちゃった・・・
最初にお伝えしようとしたことから、いつもはずれてしまう私・・・
ごめんなさい・・・
で、こじつけ 「お母さんが微笑んで、優しくなれるお掃除」 ということでお許しを・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://siawaseno.blog52.fc2.com/tb.php/61-4973a240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック