梅雨時のお掃除ポイント

ここでは、梅雨時のお掃除ポイント に関する情報を紹介しています。
おはようございます。
広島ハウスクリーニングのおもとですRUN

またまた更新おさぼりでした・・・吹き出し・冷や汗右

実は、梅雨時のチラシを作成していたのです。
チラシは数年前に撒いてから、しばらくご無沙汰だったので、ここら辺で一度作っておかないと作成のコツを忘れそうで・・・・
まだ、推敲前ですが (画像をクリックすると少し大きな画像が出ます)
カビ対策お掃除チラシ

A4という狭い範囲に伝えたいことをいかに詰め込むか。
今回は「梅雨時に掃除として気をつけて見てほしい部分の情報をお知らせ」という形をとりました。

チラシの内容をブログ風に説明すると

お風呂場:
①床が乾いている時に寝転がって下から見上げてください。
       洗面器置き台や蛇口の下等にカビはありませんか?

②風呂用の椅子の裏・掃除道具・ボトルなど

③排水口など(赤いぬめりも要注意)
※排水口には重曹とお酢マジックがお役立ち!!
(重曹をたっぷりふりかけ、少し温めた1カップくらいのお酢を流し込みます。
そうすると、シュワ~~と泡がたちます。
一晩蓋をした状態でおいておき、洗い流してください。)

④エプロン(浴槽カバー)=浴槽の下が見えないように浴槽手前にあるパネルのことです。
※このはずし方は、大方のユニットバスには説明シールが貼ってあります。

⑤扉のすりガラス状の部分(樹脂製の場合)はこすると傷がつくので要注意。
向こう側に白いものを当てると、カビの赤ちゃんでも発見できます!!

エアコン:
①送風口からのぞいた時、埃や汚れがありませんか?(懐中電灯を使うとよく見えます)

あ、掲載忘れたので訂正しなきゃ!!↓
②シーズンの使い始めは、送風にして開けた窓向けて30分~1時間運転すると、いいですよ。

③室外機の掃除もお忘れなく

④家庭用エアコン洗浄剤は・・・・あまりお勧めできません。
チラシでは明確に書けなかったけれど・・・・
この件に関しては、後日詳しくブログにUPしますね。

洗濯機:洗濯機

①お酢や家庭用クリーナーで掃除される方も結構いらっしゃいます。
ただ、そういう方から私どもににSOSが来るのは、
「いつまでたってもわかめのような黒いものが、洗濯物につくから、何とかして~~」
細かな隙間にたまった汚れが洗浄することではがれるけれど、一気に取れなくていつまでも出てくるのです。
1週間洗浄をやり続けたという方もいらっしゃいます。
やはり、そういうときは分解しないとねぇ・・・・・

②洗濯機の裏側、下側も要注意

そのほかの注意する場所

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

と・・・・・ここら辺で今日はタイムオーバー・・・・
少し早めに出ないといけません

続きと詳細は、また後日
この週末はエコ関連の番組が目白押しでしたねぇ。
エコ関連の情報もあったのですが、これも後日・・・・・

はは・・・・・吹き出し・冷や汗右

また。自分で宿題をためてますね・・・・

ということで、今日は行ってきま~~すですRUN

なんでもお気軽にどうぞ  0120-38-4649 お問い合わせのページへ(←クリックしてください)
料金のお問い合わせは「こちら」からどうぞ(セキュリティOKフォームです)
今日のブログを応援してやろうという方は、下の拍手をポチっとお願いします。
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
ありがたい情報、ありがとうございました。
エアコンの室外機の掃除?どうやるんでしょう?

お嫁に来た頃、風呂場の天井が黒くなってるのは、煤(我が家はまきでお風呂を沸かしています。)
だとばかり思ってて、背の高い母が残り湯をしたから掛けて棒刷り(デッキブラシです)でゴシゴシ・・・・!
今考えたら、とんでもないことをやってました。逆効果でした。

昨日、「みんなで止めよう地球温暖化」のキャンペーンに参加しました。
”不都合な真実”も 子どもたちと見てきました。
観てきました。とてもよかったです。
太陽熱温水器、つけてよかったです。
水道やコンセントをこまめに切って、冷蔵庫を壁から離して、省エネタイプの電気製品を使って。
家は性能のいい断熱材を使って、エアコンをきれいにして、冷暖房の設定を考えて・・・・。
それだけでも、随分違い増すよねぇ。
自分にできることから、やっていきます。
また、いろいろと教えてください!
2008/06/09(月) 09:34 | URL | J.hayashi #-[ 編集]
林さん、いつもコメントありがとうv-318

エアコンの室外機の掃除はコメント欄では書ききれないので、近いうちにUPしますね。

お嫁に来た頃、風呂場の天井が黒くなってるのは、煤(我が家はまきでお風呂を沸かしています。)
だとばかり思ってて、背の高い母が残り湯をしたから掛けて棒刷り(デッキブラシです)でゴシゴシ・・・・!


いえいえ、一概に間違いとは言えないと思いますよ。
カビにしろ、煤にしろ、一度は取らないといけませんからねぇ。

カビだと、乾いた状態でこすると胞子をまき散らすので、空気中を漂わない濡れた状態で取り除き、後を十分きれいな水で流し、乾燥させることです。

昨日掃除したから安心、とは言ってられないこの季節。
ガンバ!!です。
2008/06/13(金) 07:23 | URL | おもっちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://siawaseno.blog52.fc2.com/tb.php/304-25e88219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック