春の足音と「きれい」掃除の目的は

ここでは、春の足音と「きれい」掃除の目的は に関する情報を紹介しています。
おはようございます。
広島ハウスクリーニングのおもとですRUN

先日お掃除に伺ったところで、木の芽が芽吹いていたのを写真に撮ってきたけれど、更新できなかったんですよねぇ。

するとすると、いつの間にか・・・・
木々の芽はおっきくなっていました・・・

梅の盛りから次の花へ移っていきます。

日曜伺った幼稚園の玄関前に枝ぶりのいい紅白の梅がありました。
掃除屋さんの梅1  掃除屋さんの梅2

園庭の片隅に咲いていた水仙
掃除屋さんの水仙


昨日は桜がきれいな公園近くのお宅でした。
もう少し後で、桜の季節に来れば最高だろうなぁ~~

いえいえ、お仕事がいただけるだけで感謝ですね。

その幼稚園のトイレです。
幼稚園トイレ掃除1

この画像からわかるでしょうか?
ちっちゃい・かわいい~~
こんな感じです。
幼稚園トイレ掃除2

まるでおとぎ話の世界に出てきそうなトイレ・・・・

子育て支援教室だそうです。
ここで、お子様を抱えたお母様が集われるのでしょうね。
お子様方のトイレトレーニングもあるのでしょうか。

きれいなトイレで、上手になってくださいねRUN
私たちのお掃除がお役にたてればうれしいです。RUN

昨夜のTVで(なんだっけ・・・いい話とかいうのを紹介している番組・・・)
レンガ職人の話をしていました。
3人のレンガ職人が仕事をしていました。

最初の職人に何をしているのですか?
「レンガを積んでいるのさ」

次の職人に何をしているのですか?
「壁を作っているのさ」

3人目の職人に、何をしているのですか?
「レンガを積んで、壁を作り、学校を作るのさ。
子供たちが喜ぶ学校を作っているのさ。」

少し言葉は違っているかもしれません。
それをいい話と思うか、う~~んな話と思うかは評価がまちまちでしたけれど、
私が常日頃スタッフに言っていることと同じです。


私たちは、ただ単に「きれい」ということを提供しているのではありません。
「きれい」を通して、私たちがお客様に提供できるもの。


それは
奥さまに自由な時間ができる。
奥さまは心おきなくお仕事ができる。
きれいになることで、ストレスが無くなる。
ご家族がきれいになったキッチンや風呂やトイレ、等々を使うことで気持ちが楽しくなる。

掃除をした「きれい」を通して、奥さまに幸せ気分のお手伝い。

そうした奥さまのHappyが、お子様やご主人にも伝わり、皆様に楽しく過ごしていただける。


私たちの掃除の目標はお客様のご家族の幸せのお手伝い。

まだまだ、至らぬところはたくさんあるかもしれません。
多分、どんなにやってもこれでいいというところはないでしょう。

日々が精進、向上、チャレンジです。
そういう心構えで頑張っておりますが、お伺いして、もし、お気づきの点がありましたら、どうぞ忌憚のない声をくださいませ。

なんでもお気軽にどうぞ  0120-38-4649 お問い合わせのページへ(←クリックしてください)
今日のブログを応援してやろうという方は、下の拍手をポチっとお願いします。
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです
尾本さ~ん、お久しぶりです!お元気そうですね?

私は1ヶ月くらい調子が悪かったので、拍手だけしてました。
天候が安定したのか、病院で見てもらった成果か、復活しました。

尾本さんも歯医者通い、頑張ってくださいネ。
今日も、幸せのおすそ分け、ありがとうございました。
これからも、宜しく御願い致します。
2008/03/12(水) 12:47 | URL | J.Hayashi #-[ 編集]
お久しぶりですね~~v-343
体調が思わしくなかったのですか。
お気をつけてくださいね。

歯医者・・・・
先日も隙間を縫って行ってきました。
あとは入れるだけ。
先生が「明後日の午後来てください。」
「先生、仕事で・・・・」
先生は苦笑いされて
「いいですよ~、その日日以降ならいつでも」
せめて型どりしたのが、違わないうちに行かなきゃ・・・・

そのほかはいたって元気!!
毎日東奔西走させていただいてます。
16日のネットひろしまの定例会、面白そうな内容です。
メンバーの松本さんが講師ですが、興味とお時間があればどうぞ。
http://ameblo.jp/fukuko-hirosima/
2008/03/13(木) 06:32 | URL | おもっちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://siawaseno.blog52.fc2.com/tb.php/271-aa57cb82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック